「原動力」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約7分で読むことができます。


誰かのために行動することも自分の未来のために行動することも、「原動力」というものが必要だということをご存知でしょうか。

何かをする時、理由というものがありますよね。

たとえ大きな理由がなくても「ちょっとこっちに移動しよう」と思うことでも「原動力」があって、私たちは動くのです。

人だけに限らず、動物も植物も機械にも「原動力」はあります。「原動力」が無ければ、体も心も動かないのです。それくらい「原動力」というのは大切なことなのです。

この記事では「原動力」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

「原動力」の意味と語源

 

「原動力」の意味

それでは「原動力」の意味をご紹介します。

まずは読み方ですが「原動力」は「げんどうりょく」と読みます。

「原動力」とは「機械類を動かす元となる力」という意味です。

物事、人が活動を起こす際に元となる力のことも表しています。

 

「原動力」の語源

 

続いて「原動力」の語源をご紹介します。

「原動力」という言葉を2つに分けて説明していきます。

まず、「原動」という言葉ですが、「運動や活動などの元」という意味です。

「原」は「みなもと」「はじめ」「原っぱ」のことを意味します。「原っぱ」は特に「未開の平野部」のことを言います。「元となること」の意味です。

「動」は「じっとしていない」「位置や状態が変わる」「心のショック」「身振り」「動き」などの意味があります。

「原動」は「動きのみなもと」ですね。

そして、「力」は「ちから」「物を動かす作用」ということです。「原動力」とは「物を動かす作用となるみなもと」ということで出来た言葉なのです。

 

 

「原動力」の使い方

 

次に「原動力」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「僕の原動力は、お母さんのカレーライスだ」
  2. 「毎日の手作り弁当が原動力になっているのは間違いない」
  3. 「家族が私の原動力となって、応援してくれている」
  4. 「植物の原動力は、新鮮な水と太陽の光だ」
  5. 「水、風、太陽は自然から貰うことのできる原動力だ」

 

「原動力」は何かを動かす力のもとを表すときに使われます。

「(これが僕の)原動力」「原動力と(なる)」などと使用される場合が多いですね。

 

「原動力」の類義語と英語表現

 

「原動力」の類義語

 

そして、「原動力」の類義語をご紹介します。

  • 活力源(かつりょくげん)
  • 推進力(すいしんりょく)

 

「活力源」は「活動する力となる元」のことを言います。

「推進力」は英語のところでご説明したとおり「前に物を推し進める力」で物を前に推す力だけではなく、人や団体などを推し進める時にも使われます。

こちらの三字熟語も「原動力」の類義語と言えます。

  • 「心意気」は「物事に積極的に取り組もうとする気持ち」という意味です。

「心意気」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

  • 「意気地」は「物事をやりとげようとする気力」という意味です。

「意気地」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

 

 

「原動力」の英語の表現

 

最後に、「原動力」の英語表現をご紹介します。

  • driving force(原動力)

【例文】

  • Where is your driving force?(君の原動力はどこにあるんだい?)
  • This becomes the driving force of this machine(これがこの機械の原動力となっている)

 

「driving force」は「推進力」という言葉でもあります。「推進力」は「前に物を推し進める力」ということです。
「driving」は「運動」「推進」「駆動」という意味、「force」は「力」「強さ」などを言います。映画のスターウォーズの「force(フォース)」ですね。

三字熟語の英語表現を、実践で使えるビジネス場面別でまとめました。

ビジネス英語で使える三字熟語のまとめ30選【英語勉強サイトもご紹介】

 

 

まとめ:すべてに「原動力」がある

以上、「原動力」について、ご紹介してきました。

 

まとめると、以下の通りです。

読み方 げんどうりょく
意味 機械類を動かす元となる力
語源 「原動」=「動きのみなもと」、「力」=「物を動かす作用」
類義語 ・活力源(かつりょくげん)
・推進力(すいしんりょく)
英語表現 driving force(原動力)

 

「原動力」は物事を動かす元になる力です。ただ何となく歩いた・声を出した・見た・聞いた、ということも「原動力」があります。身体を動かす「原動力」と、動かしてみようと思わせる心の「原動力」です。

私たちはどんなことにでも「原動力」があって行動しています。それが生きているということなのですね。「原動力」は見えない力で、どこにあるかもわかりません。

もしかしたら道端にあってそれを見つけて、心が動かされることもあるのです。その「原動力」はあなたの未来を動かす、大切な発見かもれませんよ。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です