「十八番」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

カラオケに行くと、たった1曲しか歌わない人がいます。しかし、その1曲に命を懸けているというくらい熱心に歌い振り付けをし大盛り上がりを見せるのです。他の曲は一切歌いません。それがその人の「十八番」なのです。他の人では何曲も歌ううちの1曲は、本当に大切な曲のようで魂を込めて歌っているような人もいます。それもその人の「十八番」です。このようにカラオケで「十八番」がある人は多いです。
ところで「十八番」とはカラオケでしか使わないのでしょうか。私はカラオケで「得意な歌をタイミングに合わせて18番目に歌うことなのか」とずっと思っていました。「ヨッ!十八番」と声を掛けられている人をみて「もう18曲もかかったのか」といつも思っていました。
この記事では「十八番」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「十八番」の意味と語源

「十八番」の意味

それでは「十八番」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「十八番」は「おはこ」又は「じゅうはちばん」と読みます。
「十八番」とは「自分のもっとも得意とする芸や技」という意味です。
「誰にも負けないぞ」と思う自信満々の芸事や技を言います。

「十八番」の語源

続いて「十八番」の語源をご紹介します。

元々「十八番」は歌舞伎からできた言葉です。「じゅうはちばん」という呼び方でした。
江戸時代に七代目、市川団十郎(いちかわだんじゅうろう)が代々続く市川家の得意とする十八の演目を選びました。それを「歌舞伎十八番」と言ったのです。
「おはこ」と呼ばれるようになった由来は、江戸時代の戯作者である柳亭種彦(りゅうていたねひこ)が書いた「正本製(しょうほんじたて)」の中で、「十八番」と書いて「おはこ」と読ませたことが始まりです。
「歌舞伎十八番」も同じ時代に広まり、台本は箱に入れて保管していたので「おはこ」と呼ぶようになったのです。
他にも「十八番」の由来はあり、阿弥陀如来(あみだにょらい)の願いが四十八あり、その中の十八番目が阿弥陀如来の本当の願いごとで「念仏をする人達を必ず救済する」というものなのです。これが他の願いよりも突出している願い、というか阿弥陀如来の誓いで「生けとし生けるもの全てを救う」というところから、阿弥陀如来の得意なことは「十八番」と呼ばれるようになったということです。
スポンサーリンク

「十八番」の英語表現と類義語

「十八番」の英語の表現

次に「十八番」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • forte(十八番)

【例文】

  • To show off my forte(私の十八番を披露します)
  • I was robbed of forte(私は十八番を奪われた)

「forte」は「強いです」や「長所」「得意」という意味もあります。
他にも「Hobby(趣味)」「specialty(専門)」という単語も「十八番」を表すことができます。

「十八番」の類義語

「十八番」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 取り柄(とりえ)
  • お家芸(おいえげい)

「取り柄」は「取り立ててよいところ」「取り立てて優れたところ」という意味があります。「君の取り柄」「取り柄がない」などと使われます。
「お家芸」は「得意としていること」という意味です。伝統芸能で使用されることが多いので、「十八番」が「お家芸」と同じ意味で使われることもあります。

 

「十八番」の使い方

最後に「十八番」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「部長の十八番を新入社員が上手に歌ったので、冷や汗をかいた」
  2. 「君の十八番の腹痛を使えば、休暇がまた増えるね」
  3. 「あなたの十八番は、土下座しかないのですか?」
  4. 「私は、初めて歌舞伎の十八番を観て感激しました」
  5. 「僕の十八番は、これにしようと去年の忘年会で誓ったんだ」

「十八番」は嫌味で使われることもあります。もちろん、本当の得意技で使われることもあります。
「(君の)十八番」「十八番を(披露する)」などと使われることが多いですね。

 

「十八番」と言えるものがない

「十八番」と自信を持って言えるものがない、という人はたくさんいるでしょう。
私もそうです。でも歌や芸、技ではなくても仕事の上でのちょっとしたことが人より秀でていれば「十八番」になるのではないでしょうか。
例えば、人より早く受話器をとることができる技や誰よりも大きな声で挨拶をすることが得意など、「十八番」は探せば意外とあるものですよ。「必殺◯◯」と名付けて、あなたの「十八番」にしちゃってくださいね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です