「幾何学」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約436秒で読むことができます。


突然ですが、あなたは数学が得意でしょうか。私はどちらかと言うと苦手と思っています。

算数ならばなんとかできますが、数学は「数の学問」ですから、計算だけでは終わらないのです。

でも「幾何学」であれば、少しは興味を持って取り組めるようです。

「幾何学」という漢字から、どのような学問なのか想像しにくいのですが、「幾何学」はあなたの身近にもあるのです。

直に身に付けている場合もありますよ。

この記事では「幾何学」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

 

「幾何学」の意味と語源

「幾何学」の意味

それでは「幾何学」の意味をご紹介します。

まずは読み方ですが「幾何学」は「きかがく」と読みます。

「幾何学」とは「図形や空間の性質を研究する数学の分野のひとつ」という意味です。

身近なところでは「幾何学模様(きかがくもよう)」といって円や三角、四角などを組み合わせパターン化した模様を言います。

「幾何学」の語源

続いて「幾何学」の語源をご紹介します。

「幾何学」を2つの言葉に分けて説明して行きましょう。

まず、「幾何」とは「物の形や位置、大きさや空間の形式てきな性質を研究する数学の部門」です。

「いくばく」と読むこともあります。

「いくばく」とは「数が不明」「少し」という意味を持っています。

「幾何(きか)」は「幾何学」の略語とも言われます。

「幾」は「どれくらい?」「いくら?」「いくつ?」ということです。

数がどのくらいなのかという疑問時に使用されます。

次に「何」ですが、こちらも「疑問の言葉」ということです。

「なに」「なん」と読むことが多いですね。

そして「学」ですが、「まなぶ」「研究する」という意味があります。

「幾何学」は「数がどのくらいなのか研究する」ということになります。

 

「幾何学」の英語表現と類義語

「幾何学」の英語表現

次に「幾何学」は、英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • geometry(幾何学)
  • geometric(幾何学的な)

【例文】

  • Geometric figures form a line(幾何学の図形が並ぶ)
  • He checks geometry(彼は幾何学について調べている)

「geometric」は「幾何学的な」と訳されます。

日本語で「ジオメトリック」と使われることもあります。主に図形を表すことが多いです。

「幾何学」の類義語

「幾何学」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 図形(ずけい)

「図形」は小さい頃から馴染みが多いと思いますが、「形を書いて表すこと」です。

四角や三角、平行四辺形、円、楕円などいろいろありますね。

それを組み合わせた模様が「幾何学模様」です。

 

「幾何学」の使い方の例文

最後に、「幾何学」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「幾何学はエジプトで生まれたもので、測量などで使われました」
  2. 「幾何学は、図形や空間の性質を表す学問のひとつです」
  3. 「幾何学模様の布で、オリジナルのワンピースを作ってもらう」
  4. 「自然界にも幾何学なものはたくさんあるというが、どんなものが有るのだろうか」
  5. 「数学で、幾何学模様の勉強をしたことがある」

「幾何学」は図形や空間の性質の研究ですから、身近で学習することができるのです。

「幾何学(模様)」「幾何学は(図形)」などと使用することが多いですね。

 

「幾何学」でできている

「幾何学」は図形と空間の性質について研究することでした。

図形を組み合わせると様々な模様が生まれます。

自然界でも「幾何学」なものがたくさんあります。

植物の種が並んだ姿や葉の並び方、花びらの並び方が「幾何学」です。

普段の生活でも「幾何学模様」もたくさんありますね。

壁の模様や布の織り方など探してみると「幾何学模様」だらけです。

そう考える世の中は「幾何学」で、できているのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です