「分相応」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約59秒で読むことができます。

人間って、ついつい夢を見てしまいます。宝くじが当たったらアレしてコレして…とか。夢で終わるのであれば問題ありません。もちろん大当たりして夢を叶えるのも良いです。しかし、自分の力以上な行動をしたり、物を購入したりするなどで夢を現実にしてしまうことがありますよね。そうなるとあとが大変です。「分相応」なことではないので一生懸命働いても、苦しい思いをするかもしれません。
人間にはその時の「分相応」というのがあるのです。背伸びをしてもつま先が痛くなるように足元がグラグラと覚束ないのです。
この記事では「分相応」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「分相応」の意味と語源

「分相応」の意味

それでは「分相応」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「分相応」は「ぶんそうおう」と読みます。
「分相応」とは「その人物の身分、地位、能力にふさわしい」という意味です。
「その人に釣り合っている」ということを表わしています。
よく「分不相応(ぶんふそうおう)」と聞いたことはありませんか?これは「分相応」の反対語、つまり、身分や地位、能力にふさわしくないということです。

「分相応」の語源

続いて「分相応」の語源をご紹介します。

「分相応」を二つに分けてご説明します。まずは「分」という漢字の意味なのですが、こちらはたくさんの意味を持っています。ここでの意味は「身の程」「能力」という意味です。人を能力、財力、地位などで区別することです。「分」は「身分」の分なのです。
次に「相応」とは「ふさわしい」という意味です。あることとあることが丁度釣り合っていることを表わします。「それ相応な対応」などと使われます。この意味はある物事に対して、それなりに釣り合っていることという意味です。例えば、「自分が言ったことに対して釣り合うような態度をする」ということですね。口では立派なことを言っても行動が出来ていないのは「相応」ではありません。
「分相応」は地位や能力と釣り合いが取れている態度、身なり、言葉使いということになります。
スポンサーリンク

「分相応」の英語表現と類義語

「分相応」の英語の表現

次に「分相応」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • appropriate(適切な)

【例文】

  • She lives a life appropriate for its status alone(彼女はひとりで分相応な暮らしをしている)
  • Live a life appropriate for your status(分相応な生活をしなさい)

「appropriate」は「適切な」「適当な」という意味です。「appropriate」の前に単語が付いて例えば「life appropriate」で「分相応な生活」、「clothes appropriate」で「分相応な服装」というように、言葉が出来上がります。

「分相応」の類義語

「分相応」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 身の丈にあった(みのたけにあった)

「身の丈に合った」は「身長に合った」ということで「その人の身に合ったものごと」という意味で使われます。
その人の経済力や能力、体力、身分にあったものということですね。「分相応」と同じ意味で使用されます。

 

「分相応」の使い方

最後に「分相応」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「彼は分相応な暮らしをしていたが、どうしても高級車が欲しくなり購入してしまった」
  2. 「分相応の恋愛ではないと周りから言われたけれど、結婚して幸せなんです」
  3. 「誰か彼に、今の仕事は分相応ではないと教えてあげてくれないか」
  4. 「自分の能力を知って、分相応に暮らして行こうと誓った」
  5. 「父も母も分相応な生活をしていて、とっても幸せそうだ」

「分相応」は身のほどを知ることで可能になります。
「分相応な(暮らし)」「分相応の(生活)」などと使われますね。

 

「分相応」にすること

「分相応」ということは、自分を知るということなのかもしれません。自分のことを客観的に見て、能力や地位がどのあたりに位置しているかをわかり、それに見合った行動をするということです。
自分で自分のことが判らなければ釣り合いの取れない生活を実際にしてしまい、経済的に苦しい思いをするかもしれません。恋愛では身分などは関係ない場合もありますが、それは自分がその相手に同等に対応して行けるだけの能力があれば問題ないのです。
もし「分相応」ではない「分不相応」な暮らしを送っている方は、能力や財力は自分で何とかなる部分もありますので「分相応」になるように対応していきましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です