「不如意」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事を読むのに必要な時間は約4分29秒です。

あなたの人生は思い通りに進んでいますか?生まれてからずっと、自分の思うままに事が進んでいる人はいないでしょう。少なからず、失敗を繰り返して歩んでいると思います。逆にすべてが思い通りという人にお会いしたいものです。私は失敗ばかり、回り道を沢山しています。今もきっと遠回りの人生だと思います。思った通りにいかず「不如意」なことばかりが続いているのです。それは仕方のないことではありますが、思い通りに事が進む時も、たまにはあってほしいものです。
この記事では「不如意」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「不如意」の意味と語源

「不如意」の意味

それでは「不如意」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「不如意」は「ふにょい」と読みます。
「不如意」とは「家計が思うままにいかない」という意味です。
主に家計が経済的に苦しいことを表わしますが、その他の思い通りに行かない出来事でも使用されます。

「不如意」の語源

続いて「不如意」の語源をご紹介します。

まず「如意」という言葉をご説明しますね。「如意」とは「物事が思うままにいくこと」という意味です。又、仏教の仏具でも「如意」というものがあります。僧が説法などの際に持っているもので、孫の手のような形をしているものです。「如意」という言葉は仏教語なのです。「自分の思うがままにいく不思議な力」のことを表わしています。
その「如意」に打消しの漢字である「不」が付き、「不如意」は「思うままにいかない」という意味になります。
何故、家計が苦しいことで使われるかというと、「手元不如意(てもとふにょい)」というように「手元に金が無く思い通りに行かない」ということで家計が苦しいことを表わす言葉となりました。
スポンサーリンク

「不如意」の英語表現と類義語

「不如意」の英語の表現

次に「不如意」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • going wrong

【例文】

  • The life is only to be going wrong(人生は不如意なことばかりだ)
  • Let’s return today because it is hand going wrong(今日は手元不如意だから帰ろう)

「going wrong」は「間違っている」「道を間違える」という訳をされます。つまり「計画が狂う」ということで「思い通りに行かない」ということになります。「going」は「行くこと」、「wrong」は「違う」ということです。

「不如意」の類義語

「不如意」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 儘ならない(ままならない)

「儘ならない」は「思い通りにならない」「自由にならない」という意味です。「我が儘(わがまま)」の「儘」ですね。「不如意」の言い換えの言葉が「儘ならない」なのです。

 

「不如意」の使い方

最後に「不如意」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「最近は不如意な出来事が続いているので、運気を上げたい」
  2. 「我が家の家計は不如意だから、特売品を狙って買い物に行く」
  3. 「今日の私は手元不如意なので、気持ちが落ち着かない」
  4. 「彼の人生は不如意なことが多いが、自分がその道を選んで進んでいるようだ」
  5. 「不如意なことを恨んでも仕方がない。普通は思い通りになんていかないものだ」

「不如意」は「思いのままにならない」ということで、特にお金のことで困る場合に使われます。
「家計が(不如意だ)」「(手元)不如意」などと使用されることが多いですね。

 

「不如意」なことが多い

人生思い通りに進む人は少ないと思います。人間はそのようにして成長していくので「不如意」なことだらけ、何の努力もせずに、うまくことが運ぶ方が人として成長しないのではないでしょうか。
生まれてから最後の時までずっと、良い方向になるように人は努力をしながら生きていくので「不如意」なことは欠かせないのだと思います。そんな中で、たまにある「如意」は幸せに感じるのでしょうね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です