「白眼視」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

あなたは他人をどんな目で見ていますか?温かい眼差しか、クールな眼差し?突き刺さるような目つき?見方によっては相手を傷つけてしまいますよね。「目は口ほどに物を言う」という諺(ことわざ)がありますから、たとえ言葉が優しくても見方によってあなたの気持ちが目に現れてしまうものです。
中でも最も解りやすいのが「白眼視」ではないでしょうか?白目で見るって、すごく恐くてオカルトチックな気がしますが、「白眼視」とはどんな見方なのでしょうか。
この記事では「白眼視」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「白眼視」の意味と語源

「白眼視」の意味

それでは「白眼視」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「白眼視」は「はくがんし」と読みます。
「白眼視」とは「白い目で見る」という意味です。
冷たい目で見たり、冷たい態度をしたりすることです。

「白眼視」の語源

続いて「白眼視」の語源をご紹介します。

中国の春秋時代に「竹林の七賢(ちくりんのしちけん)」と呼ばれる、7人の高級官僚たちがいました。この7人は仕事をせずに俗世から逃げ、竹林でサボっていたというのです。その中の一人に、阮籍(げんせき)という人がいます。阮籍は「竹林の七賢」の中心的な人物で、自由な発言と行動を繰り返していました。阮籍は仕事をせずに昼間から飲んだくれていたのですが、自分が気に入らない者には白眼で対応し気に入った者には青眼(せいがん)で対応していました。この阮籍が「白眼視」の語源です。青眼とは、歓迎の眼差しのことです。そのふたつの目を使い分けていたのです。
サボってばかりいる阮籍ですが、実は辛口に世の中を批判し、政府に媚を売る者に対しては白眼で見ていたことから後々憧れの存在となっていくのでした。
スポンサーリンク

「白眼視」の英語表現と類義語

「白眼視」の英語の表現

次に「白眼視」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • looked coldly on(白眼視される)

【例文】

  • He was looked coldly on(彼は白眼視されるようなことをした)
  • I am looked coldly on by all(僕はみんなに白眼視されたままだ)

「looked」は「見えた」、「coldly on」は「冷たい」という意味です。「look coldly at」という言葉もあり、表し方が少し違って「白い目で見る」です。
他に「frowning on someone」も「白眼視」と使われることがあります。

「白眼視」の類義語

「白眼視」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 軽視(けいし)

「軽視」とは「ものごとを簡単に考えてしっかりみない」「ばかにしている」ということです。
「白眼視」も冷たい目で見て、その物事としっかりと向き合うことはしません。

 

「白眼視」の使い方

最後に「白眼視」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「あれ以来、僕は周りから白眼視され続けて仕事に行きたくなくなった」
  2. 「周りのみんなは彼を軽蔑して、白眼視するようになった」
  3. 「私は白眼視されるのが怖くて、本当の自分を出せずに過ごしている」
  4. 「いつの間にか、白眼視されている彼女を僕だけは気遣った」
  5. 「悪いうわさが立ち、白眼視されて辛かった」

「白眼視」は人を傷つけてしまう行為です。
「(まわりから)白眼視される」「白眼視(する)」などと使われることが多いですね。

 

「白眼視」をする時は気を付ける

人の悪い噂や軽蔑する出来事があったとしても、真意を知らずに「白眼視」で見ることは危険です。本当のことも知らないで、周りからの情報だけで冷ややかな態度をとることは相手を深く傷つけてしまうからです。
たとえ悪いことをした人物であっても、一人の人間ですから「白眼視」する前に噂や出来事についてしっかりと話をきくべきだと思います。そうすることで、あなたの人を見る目も、養われていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です