「几帳面」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

私、手先は器用です。細かな仕事をさせたら割と早くできてしまいます。それも、なかなか完成度も高い方です。でも、「几帳面」と言われたことは一度もありません。それはその他のことが全く、「几帳面」とは言えないからなのかもしれません。
では、どのような人が「几帳面」と言えるのでしょうか。私も「几帳面」と言われてみたいです。しかし、夜更かししたり朝寝坊したりとのんびり過ごしているので、一生「几帳面」とは言われないかもしれません。
この記事では「几帳面」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「几帳面」の意味と語源

「几帳面」の意味

それでは「几帳面」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「几帳面」は「きちょうめん」と読みます。
「几帳面」とは「隅々まできちんとしている」「細かいところまで正確に処理するさま」という意味です。
物事をきっちりと細部にわたり規則正しくする様子です。

「几帳面」の語源

続いて「几帳面」の語源をご紹介します。

平安時代の公家の邸宅には「几帳(きちょう)」という調度品がありました。寝殿造りの室内の間仕切りに使っていたのです。「几帳」はT字の柱に絹の薄い布が掛けてあるものです。平安時代の絵巻物などに描かれています。その「几帳」の柱は細い木で、横木1本と真ん中に2本の柱から出来ています。この柱の面にが「几帳面」の語源となっています。
角を落とした面取りがきれいに施され細かいことから、「正確できちんとしているようす」を「几帳面」と呼ぶようになりました。

日本人は欧米人に比べ「几帳面」だと言います。それは、この「几帳面」の言葉通りに細やかな性格や作業のことを言うのですが、日本の伝統的な調度品から由来している言葉というのも納得がいきますね。

スポンサーリンク

「几帳面」の英語表現と類義語

「几帳面」の英語の表現

次に「几帳面」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Scrupulous(几帳面、厳正な)

【例文】

  • I want to become a scrupulous person(几帳面なひとになりたい)
  • I am scrupulous for money(私はお金のことには几帳面だ)

「Scrupulous」は「几帳面」の他に「良心的な」「用心深い」という意味もあります。
「几帳面」を表す単語は他にも「Preciseness」や「scrupulosity」などもあります。

「几帳面」の類義語

「几帳面」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 真面目(まじめ)

「真面目」は「本気」「誠意」という意味です。
「几帳面」は「きっちりした規則正しい」人のことを表しますが、「真面目」も曲がったことのできない・きっちりと物事をやり遂げる人のことを言います。

 

「几帳面」の使い方

最後に「几帳面」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「彼は几帳面だから、君の仕事を見てびっくりすると思うよ」
  2. 「几帳面すぎる人だから、周りは着いていけない」
  3. 「変なところが几帳面だと言われる」
  4. 「私にはない几帳面なところを、彼はフォローしてくれている」
  5. 「几帳面さが仇となり、職人の跡継ぎが誰もいない」

「几帳面」はやろうと思っても、なかなかできないことです。
「几帳面な(ひと、ところ)」「几帳面(すぎる)」

 

「几帳面」な人もたまには気を緩めてください

「几帳面」な人は、物事の細部にまでこだわる人が多いです。何かを作ることで細かいところまで気になるのですから、人に対しても細かく気にする人も多いでしょう。他人の行動が気になる人は心の休まる時間が少ないように思えますので、どうか少しの間でも気を緩めて力を抜いてくださいね。そうすることで、より素晴らしいものが出来上がると思います。
逆に私は「几帳面な人」と言われるように、もう少し他人にも自分に対しても細かく気にして行動しようと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です