「不思議」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

世の中には「不思議」なことが星の数よりもたくさんあります。今、こうして元気で生きて過ごしていることも「不思議」だし、明日のご飯はカレーが食べたいと思ったことも何故か解らず「不思議」なのです。そしてこれらはちょっと考えれば「不思議」ではなくなり答えが出るのですが、考えても解らないことというのがあるのです。
私は「不思議」とよく使用することがありますが、この「不思議」という言葉自体が「不思議」と思ってしましました。意味はなんとなく解りますが、何故、この漢字なのかが「不思議」です。
この記事では「不思議」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「不思議」の意味と語源

「不思議」の意味

それでは「不思議」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「不思議」は「ふしぎ」と読みます。
「不思議」とは「普通に考えても想像できない」「人間が考えても理解できないこと」「怪しく不審に思うこと」という意味です。
人間では説明することができないことです。

「不思議」の語源

続いて「不思議」の語源をご紹介します。

「不可思議(ふかしぎ)」と言うのが「不思議」の語源です。「不可思議」は「思議すべ可ら不(しぎすべからず)」といって仏教語なのですが、意味は「思いをはかることはできない」という意味です。これは「仏の知恵や神通力(じんずうりき)は人間の考えが及ばない、人間の理解を超えている」ということです。神通力は超人的能力のことを言います。仏教では菩薩などの仏の力は「人間が考えるよりもはるかにすごいのだ、というか、考え付かないくらいだ」と言っています。そして略されたのが「不思議」です。

「不思議」は「仏の力が考え付かないくらいだ」という意味の他に、「怪しく不思議に思うこと」「怪奇現象」「非常識なこと」という意味で使われるようになりました。

スポンサーリンク

「不思議」の英語表現と類義語

「不思議」の英語の表現

次に「不思議」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • mysterious(不思議、神秘的)
  • mystery(不思議、神秘)
  • wonder(不思議、驚異、奇跡)
  • strange(不思議、奇妙)

【例文】

  • Mysterious event(不思議なできごと)
  • It may be mysterious(不思議なこともあるもんだ)
  • Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)
  • The universe It is strange(宇宙は不思議ですね)

このように「不思議」は英語で様々な単語があります。他にも「marvel」「wonderful」などがあります。

「不思議」の類義語

「不思議」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 不可解(ふかかい)
  • 神秘(しんぴ)

「不可解」は「理解しようとしても理解することが不可能である」ということです。「神秘」は「人知では推し測ることができない神、仏、天地の秘密」ということです。どちらの言葉も「不思議」の意味を含みます。

 

「不思議」の使い方

最後に「不思議」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「不思議ちゃんと言われた友人もまともに就職していた」
  2. 「これから不思議な話をするけど、笑わないでね」
  3. 「この家に来てから、不思議なことばかり起こる」
  4. 「学校の七不思議をみんなで解いてみようということになった」
  5. 「不思議な体験をたくさんしている父の話はいつも面白い」

「不思議」は、考えても解けない謎がある時などに使用します。
「不思議な(話)」「不思議な(体験)」などと使われる場合が多いですね。

 

「不思議」は解ければ良いというものではない

「不思議」は解けると「不思議」ではなくなりスッキリする反面、面白みが減ります。
現実的に解けるような内容であれば解いてしまった方が問題は起きずに済みますが、神仏などの「不思議」は解くことは難しいので、「不思議」のままであれこれ妄想するのが丁度良いのかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です