「一張羅」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

結婚式に招待された時は、老若男女問わず自分の持っている服の中で一番良いものを選んで着ていくのではないでしょうか。
特に女性はお友達の結婚式で、毎回同じ洋服を着ていくと恥ずかしいという気持ちがある様で、何着か持っていたりレンタルしたり姉妹や友達間で貸し借りをしているようですね。
男性は「一張羅」が一着もあれば、十分だと聞きます。このような時、男性は楽ですよね。
ところで「一張羅」とはどのようなことなのでしょうか?
この記事では、「一張羅」の意味や語源、英語・類義語の表現や使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「一張羅」の意味と語源

「一張羅」の意味

それでは、「一張羅」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが、「一張羅」は「いっちょうら」と読みます。
「一張羅」とは、「持っている服の中でたった1着しかない上等な着物、または他に着るものがなく着替えがきかないこと」という意味です。
毎日同じものしか着ないことを皮肉って、「一張羅」という場合もあります。

「一張羅」の語源

続いて、「一張羅」の語源をご紹介します。

江戸時代まで遡りますが、この頃はロウソクが貴重なものでした。
貴重なので1本しか無く、夜にお客さんを迎えるための大切な明かりだったのです。
1本しかないので替えがききません。ですから、大切に節約して使っていました。
このことを「一挺蝋燭(いっちょうろうそく)」と言い、「一挺蝋(いっちょうろう)」と言われ、それが訛(なま)って、貴重な一着の「いっちょうら」となりました。

また、「一張羅」の「羅」には「薄衣」という意味があり、目の粗い絹の織物を指します。
ロウソクが高価で貴重なものと同じで、絹の着物も高価で貴重です。
「一張」は元々、「弓・弦楽器・幕・毛皮」などの数え方で、「ひとつ」ということです。
「一張羅」は「ひとつの薄衣(絹の織物)」ということから、「高価で一枚しか持っていない、替えのきかない物」という意味の言葉として、使われるようになりました。

スポンサーリンク

「一張羅」の英語表現と類義語

「一張羅」の英語の表現

次に、「一張羅」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • best clothes(一番いい服、一張羅)
  • only suit(唯一のスーツ、一張羅)

【例文】

  • Will you lend your best clothes?(あなたの一張羅を貸してくれる?)
  • Is it only suit?(それ一張羅なの?)

「clothes」とは「服」という意味です。「best」は「最上級」ということなので「最上級の服」ということですね。
「only suit」は「唯一持っているスーツ」で、「suit」は日本でも「スーツ」と使われていますね。
少し年配の方だと「背広」と言う人もいるのではないでしょうか?

「一張羅」の類義語

「一張羅」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 常綺羅(じょうきら)

「常綺羅」は「いつもよい着物を着ていること。また、その良い服や着物」という意味です。
「一張羅」が1着しかない上等の着物に対し、「常綺羅」はいくつか良いものを持っている様子です。

 

「一張羅」の使い方

最後に、「一張羅」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「大切な一張羅の服が、虫に食われた」
  2. 「就職活動で、一張羅のスーツを用意した」
  3. 「その一張羅の洋服を、次の結婚式に貸してくれない?」
  4. 「一張羅を着てどこに行くの?」
  5. 「君はいつもジャージを着ているけど、一張羅は持っているのかい?」

「一張羅」は服のことなので、主に服をどうしたか?という場合に使用されます。
「一張羅(の服)」「一張羅(を着る)」などと使う場合が多いですね。

 

「一張羅」はお気に入り

「一張羅」は持っている服の中で最上級な物を表しますが、使い方も最近は人それぞれで
色々持っている服の中で「一番のお気に入り」という意味で「一張羅」と呼ぶこともあり、服以外の高級な物を比喩で「一張羅」と例える場合もあります。
1本の大切なロウソクから始まり、現代では使い方も様々なようですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です