「金輪際」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

生きていれば「もう絶対あれはしないでおこう」とか、「あの人と話すのは、もう二度とゴメンだわ」ということがあるかと思います。私もあります。口に出して、直接言えたらいいのにと思うくらいです。
「あれはしないでおこう」とは言えますが、「あなたとは二度と話したくない」とは言えませんよね。でも大ゲンカした時なんかは、頭に血が昇っていて「金輪際、話しかけてくるな!」とか言ってしまいそうです。でも、冷静になって「金輪際」とは何なのかを考えてください。意味が解ると簡単に使用することが出来なくなるかもしれませんよ。
この記事では「金輪際」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「金輪際」の意味と語源

「金輪際」の意味

それでは「金輪際」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「金輪際」は「こんりんざい」と読みます。
「金輪際」とは「物事の極めて、限界に近いところ」「とことん」「徹底的」という意味です。
絶対に二度と繰り返しはしない、という決意のことを言います。

「金輪際」の語源

続いて「金輪際」の語源をご紹介します。

「金輪際」とは仏教の世界観で、大地の底辺部のことを表しています。大地は三輪(さんりん)の層で成り立っているのです。それは上から「金輪」「水輪(すいりん)」「風輪(ふうりん)」です。「水輪」は海です。そして「風輪」はガスの層、「金輪」は「水輪」の上にあります。「金輪」と「水輪」の際が「金輪際」ということです。「金輪」は陸地のことを言っていて「金」というのは黄金のできている大地の層を意味しているのだそうです。
「金輪」は陸地のことなので人の住める場所を指しています。その「際」が「金輪際」なのです。人の住むことのできる極限、地の底という意味です。
ですから、「金輪際」は地の果てまで突き詰める「とことん」や「徹底的」という意味があるのです。
しかし、この「とことん」や「徹底的」という意味での使われ方は江戸時代頃までで、それから徐々に変化していきます。「金輪際〇〇ない」と否定の使われ方になっていくのです。
「金輪際」は「絶対に〇〇しない」「二度と〇〇ない」「今後一切〇〇しない」という形で使われるようになりました。
スポンサーリンク

「金輪際」の英語表現と類義語

「金輪際」の英語の表現

次に「金輪際」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Never(金輪際)

【例文】

  • I never meet you(あなたには金輪際会わない)
  • I thought that I never wanted to see the face(金輪際顔も見たくないと思った)

「Never」は「決して」「いまだかつてない」「一度も~ない」という否定の言葉です。
他にも「for any price」「for all the world」などの英語で「金輪際」を表現することができます。

「金輪際」の類義語

「金輪際」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 金輪奈落(こんりんならく)

「金輪奈落」は「ものごとの極限」のたとえで、「金輪」は地のこと「奈落」は「地獄」という意味があります。「奈落の底」といいますよね。

 

「金輪際」の使い方

最後に「金輪際」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「あなたには金輪際会うことはないと断言する」
  2. 「金輪際うちとの取引はさせませんので、そのおつもりで」
  3. 「金輪際、電話をかけてくるな」
  4. 「この家の敷居を金輪際またがせない」
  5. 「金輪際、顔も見たくないくらい憎い」

「金輪際」は「二度と」「今後一切」という、物事を繰り返したくない意志の時に使います。
「金輪際(会わない)」「金輪際(顔も見たくない)」などと使われることが多いですね。

 

「金輪際」と言うのも勇気がいります。

「金輪際」会わないなど否定をする時、直接本人に伝えるのは勇気が要りますよね。冷静になると、とても口からは出ない言葉です。頭に血が昇っている時にしか、本人に「金輪際、顔も見たくない」と宣言はできません。そのくらい重みがある言葉です。
勢いで言って大切な人を傷つける場合もあるからです。「金輪際」を使う時は十分に気を付けたいものですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です