「横恋慕」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約436秒で読むことができます。


あなたは恋をしていますか?恋って、気が付いたら心が動いていますよね。

好きになってはいけない相手に対しても恋をしてしまうことがあります。相手が既婚者でしたら諦めた方が自分の為なのですが、恋人同士の中であれば「もしかしたら自分にもチャンスがあるかもしれない」と思うものです。それが恋ですから。

でも、このような状況を周りはよく思いませんね。あなたも心の中では良いことだとは思っていないでしょう。

この記事では「横恋慕」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

 

スポンサードサーチ

「横恋慕」の意味と語源

「横恋慕」の意味

それでは、「横恋慕」の意味をご紹介します。

まずは読み方ですが、「横恋慕」は「よこれんぼ」と読みます。

「横恋慕」とは「既婚者や決まった恋人がいるのにもかかわらず、横合いから恋をする」という意味です。

恋をすることであって、必ずしも奪い添い遂げることではありません。

「横恋慕」の語源

続いて「横恋慕」の語源をご紹介します。

「横恋慕」の漢字をそれぞれご説明して行きましょう。

まずは「横」です。縦横の「横」ですが、「端」「脇」という意味もあります。「横」というのは横から妨害することの「横やりを入れる」という意味を強く含んでいます。

次に「恋」は「こい」です。「特定の相手に好意を寄せ、強く惹かれること、大切に思い、一緒にいたいと思う」ということです。

最後は「慕」です。「慕う(したう)」ということ、「思いを寄せる」という意味があります。

他にも「懐かしく思う」という意味もあります。

「横恋慕」は、「脇から妨害するように、相手に好意を寄せ慕う」ということになりますね。

「既に相手がいる人に、横からちょっかいを掛ける」ということを表現する言葉です。

 

スポンサードサーチ

「横恋慕」の英語表現と類義語

「横恋慕」の英語の表現

次に、「横恋慕」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • illicit love(横恋慕)

【例文】

  • someone who is a person’s illicit love(横恋慕した相手)
  • She who is good at illicit love(横恋慕が得意な彼女)

「illicit」とは、「違法」「不正」「不法」という意味がある単語です。「love」は「愛」ですね。

日本語でも「ラブ」と、そのまま使用されています。「illicit love」は「不正の愛」という直訳ができます。

「横恋慕」の類義語

続いて、「横恋慕」の類義語をご紹介します。

  • 略奪愛(りゃくだつあい)

「略奪愛」とは、「既婚者や恋人がいる人を好きになり、相手から奪う」ということです。

「横恋慕」は心の中で思うだけの恋愛も含めますが、「略奪愛」は相手の気持ちを奪ってしまうことです。

 

「横恋慕」の使い方

最後に「横恋慕」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「彼は横恋慕ばかりするが、相手によく振られる」
  2. 「先輩に横恋慕をされた時は、苦しかったよ」
  3. 「僕の彼女は横恋慕をする人だと噂があり、僕にも別の相手がいました」
  4. 「私は横恋慕をするつもりはないのですが、相手がいる人についつい心惹かれてしまいます」
  5. 「横恋慕は良いことではないでしょうけど、恋なので止められない」

「横恋慕」は、傍からみると良い行いとは言えないでしょう。

「横恋慕を(する)」「横恋慕を(された)」などと使うことが多いです。

 

スポンサードサーチ

「横恋慕」はよくあることだ

「横恋慕」は、決まった相手がいる人を好きになることです。これって現実的によくあることだと思います。不倫も多いのですが、お付き合いをしている相手を好きになることはありますよね。

好きになることは悪いことではありません。人の気持ちの自由です。つい、相手が振り向いてくれることを願ってしまうものです。

しかし、好きな人の恋人を陥れて相手を奪うことだけは止めましょう。ほどほどのアプローチで相手が振り向いてくれたのなら、そうなる運命なのかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です