「大富豪」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約454秒で読むことができます。


お金持ちに憧れる人は多くいると思います。私もその一人です。元からお金持ちの人は別ですが、どこかから大金が湧いて出ていかないだろうかと思うことはないですか?

夢を追い、宝くじなどを買ったりもしますよね。

「大富豪」に憧れる私は『もう少しで幸運がやってくる』と、常日頃から思っています。「もう少し」はいつなのか不明ですが、そろそろな気がします。「大富豪」になる日も、もうじきです。あなたも「大富豪」に憧れている一人ではありませんか?

この記事では、「大富豪」の意味や語源、英語表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

 

「大富豪」の意味と語源

「大富豪」の意味

それでは「大富豪」の意味をご紹介します。

まずは読み方ですが、「大富豪」は「だいふごう」と読みます。

「大富豪」とは、「とても大金持ちな人、家」という意味です。

また、トランプで「大富豪」というゲームがあります。

「大富豪」の語源

続いて「大富豪」の語源をご紹介します。

実は、「大富豪」とは本来ゲームの呼称です。「富豪」という言葉自体が「大金持ち」「大いに富んだ人」を表します。

「富」は「とむ」「ゆたか」という意味です。お金だけではなく、心や物、自然など様々な物事が豊かなことを表わします。

次に「豪」は「強い」という意味があります。豪雨や豪快、豪華などと使われます。そして「きらびやか」「すぐれた」という意味もあるのです。

「富豪」は「とみにすぐれた」ということです。

「大富豪」はその「とみにすぐれた」という言葉に「大」が付けられ更にすぐれていることを表わしています。「ゆたかで、すぐれている」ことを強調した言葉です。

「大富豪」はちょっとやそっとのお金持ちではありません。資産がとてつもなく多く、少しくらい損をしても補てんがすぐにできます。そしてそのような状況だからこそ、心に余裕があり、自分のことだけ考えていません。他人にも優しく、寛容な人が多いのです。

 

「大富豪」の英語表現と類義語

「大富豪」の英語の表現

次に、「大富豪」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Millionaire(大富豪)

【例文】

  • How did he become a millionaire?(どのようにして大富豪になったのか?)
  • She married a millionaire’s house(彼女は大富豪の家に嫁いだ)

「Millionaire」は「大金持ち」ということです。

以前「ミリオネア」というクイズ番組がありましたが、クイズに勝ち進んでいくと大金持ちになるという番組ですね。まさに「大富豪」ということです。

「大富豪」の類義語

「大富豪」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 富裕層(ふゆうそう)

「富裕層」とは、「金融的資産を沢山持っていて、購買力、経済力のある個人や世帯」を表す言葉です。

「大富豪」は「富裕層」も含みます。

こちらの「素封家(そほうか)」も、お金持ちの意味がある三字熟語です。

 

「大富豪」の使い方

最後に「大富豪」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「私の家は先祖代々の土地が多くあり、地元では大富豪と呼ばれています」
  2. 「子供の頃は、大富豪の家に生まれたかったと何度も思った」
  3. 「彼は、大富豪の息子で何不自由なく生きてきたように見える」
  4. 「地元の大富豪に嫁入りした姉は、それなりに苦労しているようだ」
  5. 「僕は、自分で言うのもおかしいが貧乏のどん底から這い上がり、大富豪へと成り上がった」

「大富豪」は富(とみ)も名声(めいせい)もありますが、もちろん苦労もあると思います。

「大富豪に(なった)」「大富豪の(息子)」などと使用されることが多いですね。

 

夢ではない「大富豪」

先祖代々受け継がれている資産が無い人でも、「大富豪」になるチャンスは世の中に沢山あります。大金持ちが必ず良いとは言えませんが、「大富豪」になりたい人は夢ではありません。自分の才能や運を最大限に利用し、努力をすれば「大富豪」に近づくことはできます。

私も諦めず、「私は幸運を引き寄せている」と暗示をかけ「大富豪」を現実にします。と、自分に言い聞かせます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です