「近似値」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

あなたは「近似値」という言葉をご存知でしょうか。中学生で学習しているはずです。
しかし、改めて「近似値」はどんな意味なのかと聞かれると、数学的な答えを探そうと悩んでしまいますよね。でも、「近似値」は普段の言葉でも使用することのできる優しい言葉なのです。
工夫次第でカッコいい使い方もできます。中学生で学習したことも大切ですが、「近似値」を普段でも使える言葉として考えてみてください。あなたの言葉の世界が少し広がるかもしれません。
この記事では「近似値」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「近似値」の意味と語源

「近似値」の意味

それでは「近似値」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「近似値」は「きんじち」と読みます。
「近似値」とは「本当の値に近い」という意味です。
比喩として、ある物事に「近い状態」「似ている状態」を表す言葉としても使用します。

「近似値」の語源

続いて「近似値」の語源をご紹介します。

「近似値」を二つの言葉に分けて説明していきます。
まずは「近似」という言葉ですが、「非常に似ている」「よく似ている」という意味があります。同じような言葉では「類似」というものもありますね。「類似」は「共通点がある」ということです。「近似」は数や物が近いもの、似ているものを指します。
次に「値」ですが、こちらは「あたい」「物のねだん」「数値」ということになります。
「近似値」は「似ている物や数」ということになります。そして実用に差し支えが無ければ使える値です。いくら他の数値と比べて近いとはいっても、何かを計算する際に大きくかけ離れていると答えも大きく異なります。
スポンサーリンク

「近似値」の英語表現と類義語

「近似値」の英語の表現

次に「近似値」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • approximate value(近似値)

【例文】

  • Please calculate an approximate value(近似値をわりだしてください)
  • Is an approximate value not wrong?(近似値が間違っていませんか?)

「approximate value」の「approximate」は「近似」「おおよその」「ほぼ正確な」という意味です。「value」は「値」ですね。
「近似値」は、この「approximate value」の他にも「approximation」という単語でも表すことができます。

「近似値」の類義語

「近似値」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 僅差(きんさ)

「僅差」は「わずかな差」という意味です。「近似値」は真の値と似ており、それほど離れた数ではありません。「僅差」のものもあります。「僅差で勝利した」「僅差のタイム」などと使われます。

 

「近似値」の使い方

最後に「近似値」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「まだ僕の思想に近似値の人物には、出会ったことがない」
  2. 「君と話していると、目指しているところが近似値な気がしてきたよ」
  3. 「明後日までに、近似値を出してこの計画を練り直してください」
  4. 「この資料の近似値と、真の値の誤差を調べてください」
  5. 「この計画書は近似値から割り出してはいるけれど、割と正確に近いと思うよ」

「近似値」は本当の数字に近く、似ていることまたは何か物事に対して似ていることを表します。
「近似値を(出す)」「近似値から(割り出す)」「近似値の(思想)」などと使用することが多いですね。

 

「近似値」を積極的に使ってみる

「近似値」は数学的な言葉のようなところがありますので、難しい気がしますよね。でも、国語的な使い方もできるので、工夫して使ってみると良いでしょう。
自分のテンションに「近似値」な人を探してみるとか、目標や理想が「近似値」の人に会ったなどと使うことができます。他にも自分の周りで「近似値」を探してみると、今まで見えていなかったものが見えてきて意外な発見ができますよ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です