「未知数」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約433秒で読むことができます。


結論の出ていないことは世の中に山ほどありますよね。そして結論が出た時、人間の創造を遥かに超えた答えが出ることも多いです。
結論が出ないものは「未知数」として表されます。「数」というと何となく難しい数学的なことを思い浮かべ、数学が苦手な方は敬遠されるかもしれませんね。しかし、「未知数」は数学だけの話ではないのです。普段の会話でもたくさん使用されています。
この記事では「未知数」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサードサーチ

「未知数」の意味と語源

「未知数」の意味

それでは「未知数」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「未知数」は「みちすう」と読みます。
「未知数」とは「数式などで値がまだ解らない数」「将来の予想がつかない」という意味です。
想像がつかない未来のことなどを表す言葉で使われます。

「未知数」の語源

続いて「未知数」の語源をご紹介します。

「未知数」を二つの言葉に分けてご説明します。
まずは「未知」ですが、「未だ知らないこと」「未だ知られていない」ということです。「未」は「まだ」ということ、「知」とは「知る」「わかる」「さとる」という意味です。
次に「数」は「物の順序を表す」「物がいくつあるか表す言葉」ということです。
「未知数」は「いくつあるかまだわからない」ということになりますね。「未知数」は答えが出ていないものを表すことができますので、曖昧な答えを伝えたい場合に使用できます。
スポンサーリンク
スポンサードサーチ

「未知数」の英語表現と類義語

「未知数」の英語の表現

次に「未知数」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • unknown(未知数)

【例文】

  • His talent is unknown(彼の才能は未知数だ)
  • I try to calculate unknown quantity(未知数を割り出してみる)

「unknown」は「未知の」「見知らぬ」ということです。また、「未確認」という意味で使用されることもあります。他にも「未知数」は「unknown letter」と表すこともあります。

三字熟語の英語表現を、実践で使えるビジネス場面別でまとめました。

ビジネス英語で使える三字熟語のまとめ30選【英語勉強サイトもご紹介】

 

「未知数」の類義語

「未知数」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 不明(ふめい)
  • 不透明(ふとうめい)

「不明」は「はっきりと解らないこと」「明らかになっていないこと」という意味です。「詳細不明」「使途不明」などと使用されます。
「未知数」は未来のことが解らないということに対し、「不明」は過去のことも含まれます。
「不透明」は「透き通っている状態ではない」ということですが、比喩的な使い方をされることが多いです。「不透明な政治」や「お金の動きが不透明」などと「情勢がはっきり見渡せない状態」の場合に使われます。

 

「未知数」の使い方

最後に「未知数」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「明日、このイベントに参加する人数は未知数なので、ノベルティの準備も未知数だ」
  2. 「今年の台風は次から次と発生し、この先もどのくらいくるか未知数だ」
  3. 「先生が出した方程式の問題は、難しくて未知数の状態のままです」
  4. 「実験は成功した。彼らはこの先も未知数の結論を追うだろう」
  5. 「子供の才能は未知数なので、親がどんどん伸ばすように導いてあげなければならない」

「未知数」は方程式などのまだ出ていない答えを表すほか、予測のつかない未来も表します。
「未知数を(求めた)」「(予測不能の)未知数」などと使用されることが多いですね。

 

スポンサードサーチ

希望の「未知数」

「未知数」は未来の数字です。桁外れな数字になることもあります。私たちには予測不能なことが多いです。この先の未来を数字で表すとしたら、現段階では予想でしかありません。
希望が持てるような将来の物事の「未知数」は、どんどん伸びていただきたいものです。反対に暗くなるような「未知数」は少な目になることを祈ります。

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です