「空元気」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

ちょっと気分が落ち込んでいても気持ちを奮い立たせて、元気な返事をすることがあります。
そんな時は、いつも以上に元気で逆に違和感があります。でも、わざと気分を上げないと、やっていられない時ってありますよね。そのようなことを「空元気」と言います。
「空元気」という言葉を使うことは、普段からよくあります。自分だけではなく、周りの人でも「空元気」な人がいるからです。
ですから、「空元気」という言葉をよく理解して、上手に「空元気」を使えるようになりましょう。
この記事では「空元気」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「空元気」の意味と語源

「空元気」の意味

それでは「空元気」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「空元気」は「からげんき」と読みます。
「空元気」とは「うわべだけ元気に見せる」という意味です。
周りの人間に元気そうに見せかけて、実は元気ではないことを言います。

「空元気」の語源

続いて「空元気」の語源をご紹介します。

「空元気」を二つに分けて説明していきます。
まず、「空」ですが、「そら」や「大気」という意味の他「むなしい」「あな」という意味があります。「空」は仏教だと「無」ということです。
次に「元気」は「体の調子がよい」「活動の元となる力」という意味です。「元気」の語源は、中国語で「減気」といって「病気が快復に向かうこと」「治療の効果が表れ、気分がよくなる」という意味です。
「空元気」は「活力の元が無い」ということになりますね。要するに、「元気がない」ということを表しています。
スポンサーリンク

「空元気」の英語表現と類義語

「空元気」の英語の表現

次に「空元気」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • Pretender cheerful(空元気)

【例文】

  • I worry about pretended cheerful her(空元気な彼女を心配する)

「pretended cheerful」は「陽気なふり」という意味でもあります。「空元気」は「Pretended spirit」や「mere bravado」という英語でも表すことができます。
「空元気」を英語で表現するのは難しいようです。

「空元気」の類義語

「空元気」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • やせ我慢(やせがまん)

「やせ我慢」は「実は苦しいのに、平気なふりをして我慢している」ということです。
ポイントは「平気なふりをして」というところです。「寒いのにやせ我慢をしている」などと使われます。「全然寒くないよ!」と寒くないふりをしていることを「やせ我慢」していると使われます。

 

「空元気」の使い方

最後に「空元気」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「君の空元気なんて、すぐに見破られるよ」
  2. 「何かあったのか?あの空元気がどうも気になって仕方がない」
  3. 「いつもの元気とは違って、なんだか空元気のような気がするな」
  4. 「空元気の返事をしてみたら、余計に気分が下がってしまった」
  5. 「あいつはいつも元気そうに見えて、意外と空元気なのかもしれないな」

「空元気」は元気があるように見せて実は元気がない人を表します。
気分がノーマルな人には当てはまりません。元気があるように無理やり見せている人に使うのです。
「空元気(な人)」「空元気の(返事)」などと使用される場合が多いですね。

 

「空元気」の人

人は色々と悩みや苦労、悲しみなどがあるものです。それを表面に出す人と、それを必死で隠そうとする人もいます。隠そうとする人は「空元気」な態度をとる人が多いのです。
誰にも心配させたくない、弱みを見せたくない人もいるのです。
もしあなたが「空元気」な人を見つけたら、それを直接指摘せずに陰ながらサポートしてあげてみてははいかがでしょうか。自然な元気を取り戻すことができるかもしれません。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です