「流星群」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約427秒で読むことができます。

あなたは「流れ星」を見たことがありますか?残念ながら、私は生まれてから一度もありません。満天の星空は何度も見たことがありますが、「流れ星」はありません。「あ!」と発見したと思ったことがありますが、人工衛星でした。「流れ星」を見つけたら「願い事をすれば叶う」という言い伝えがありますので、いつかは「流れ星」を見てみたいと思っています。「流星群」が見られる時期になればたくさん見られるのでしょうね。
この記事では「流星群」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「流星群」の意味と語源

「流星群」の意味

それでは「流星群」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「流星群」は「りゅうせいぐん」と読みます。
「流星群」とは「毎年決まった日の前後に現れる流星の一群」という意味です。
彗星が崩壊して散らばったものと言われています。

「流星群」の語源

続いて「流星群」の語源をご紹介します。

「流星群」を二つの言葉に分けてご説明しましょう。まずは「流星」です。「流星」は「流れ星」のことです。よく、流れ星を見つけたら願い事をすると叶うと言われるアレです。「流れ星」は宇宙の小さなチリが大気圏に入り燃えて光る現象を言います。チリは隕石が多いです。次に「群」というのは「群れ」「群がる」「集まる」という意味です。
「流星群」は「流れ星の集まり」ということですね。「流星群」は彗星が崩壊したチリが大気圏に入ったものが燃えることで光るので「流れ星」の「群れ」となります。その放射状の方向に「しし座」の星があるので、「しし座流星群」と呼ばれています。これは定期的に現れます。
他にも、「ふたご座流星群」「ペルセウス座流星群」などもあります。
スポンサーリンク

「流星群」の英語表現と類義語

「流星群」の英語の表現

次に「流星群」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • meteor shower(流星群)

【例文】

  • It is the day when a meteor shower approaches today(今日は流星群が近づく日だ)
  • I went to watch a meteor shower with father in the days of a child(子どもの頃にお父さんと流星群を見に行った)

「meteor」は「流星」「隕石」ということです。「shower」は「シャワー」です。日本語でもお風呂の「シャワー」で使用されていますね。「通り雨」や「夕立」という意味があります。「meteor shower」は直訳だと「隕石、流れ星の通り雨」ということになりますね。

「流星群」の類義語

「流星群」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 流星雨(りゅうせいう)

「流星雨」とは「流星が時間当たりの出現数が多く、雨のように降り注ぐ」ということです。「流れ星」が沢山流れており雨が降り注いでいるようだということです。この現象を「流星群」と同じとしています。

 

「流星群」の使い方

最後に「流星群」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「今夜は、しし座流星群が綺麗に見えるから天体観測をしに行こう」
  2. 「クラスメイトと流星群を見に行く約束をした」
  3. 「生まれてはじめてみる流星群は、息をのむほど美しかった」
  4. 「思いがけず、流星群を見かけて嬉しかった」
  5. 「父と流星群を見に行く約束をしたけど、残業で行けなかった」

「流星群」は時期によって見えるものと単発で見られるものがあります。
「流星群を(見に行く)」「(美しい)流星群」などと使用することが多いです。

 

「流星群」で願い事

「流星群」は定期的に流れます。無数の星屑が空から降ってくるので、「流星群」を見に行く時は大切な願い事をじっくり、ゆっくりと唱えましょう。
流星が消えるまでの間に願い事を言えば叶うということですから、時間はたっぷりありますね。私もいつかは息をのむほどの「流星群」を眺めてみたいと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です