「議事録」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

この記事は、約438秒で読むことができます。

小さな話し合いでも大切な内容が詰まっていることはあります。会議と言うほどのものではない相談や、話し合いの内容をいちいち、書き留めておく人は少ないのではないでしょうか。
しかし、大切な言葉が詰まっている話し合いを書き留めておいた方が、後々、助かることがあります。何でも「議事録」に残すことで自分の勘違いや聞き違い、物忘れも防ぐことができます。「議事録」というと小難しい漢字ばかりが並ぶイメージですが、「議事録」の大切さを知って今後に役立ててみましょう。
この記事では「議事録」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「議事録」の意味と語源

「議事録」の意味

それでは「議事録」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「議事録」は「ぎじろく」と読みます。
「議事録」とは「様々な会議の内容を文字で記録したもの」という意味です。
会議の内容を忘れないようパソコンや紙に記録したものを言います。
朝礼や簡単なミーティングでも文字で記録されたものは「議事録」です。

「議事録」の語源

続いて「議事録」の語源をご紹介します。

「議事録」の漢字をそれぞれご説明いたします。まずは「議」ですが「相談する」「集まって意見を述べる」という意味です。会議、講義、議員などの漢字で使用されます。
次に「事」は普段の「おこない」や「できごと」「状態」を表します。「事」は日常的な言葉で「事実」「行事」「仕事」など、たくさん使用されていますね。
最後に「録」は「書き記す」という意味です。「記録」「登録」などという言葉に使用されています。
「議事録」とは「相談することを書き記す」ということになります。
「議事録」は国会の会議、裁判の内容、会社の総会、小さな部署ごとのミーティング、学校の学級会、家族の話し合いなど、大きいものから小さなものまで文字として記録したものを言います。長く、大きな会議は書き留めるのが大変ですから、録音したものを後で文字に書きなおす、「テープ起こし」という作業もあるのです。
スポンサーリンク

「議事録」の英語表現と類義語

「議事録」の英語の表現

次に「議事録」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • minutes(議事録)

【例文】

  • The minutes of today’s meeting entrust you(今日の会議の議事録は君に任せるよ)
  • The past minutes are left in large quantities(過去の議事録が大量に残っている)

「minutes」は「ほんの少しの瞬間」「分」という意味もありますが、「議事録」の英単語でも使用されます。他にも「proceeding」や「account of meeting」なども「議事録」の意味で使用されます。

「議事録」の類義語

「議事録」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 備忘録(びぼうろく)

「備忘録」は「忘れた時に備えてする記録」ということです。忘れないようにササッと書き留めるメモを言います。「議事録」は数人の話し合いを記録するものですが、「備忘録」は個人的な記録です。

 

「議事録」の使い方

最後に「議事録」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「ミーテイングの議事録を付けるのは、私の担当だ」
  2. 「裁判の議事録を読み直して、今後の判例に役立てる」
  3. 「会議を録音したものを、議事録として文字に残す」
  4. 「意見交換が目まぐるしい会議の議事録は、速記が決めてです」
  5. 「速記が得意な私は、議事録を度々任されることがある」

「議事録」は人が発した言葉を文字に残すことです。
「議事録を(付ける)」「議事録を(読む)」などと使用することが多いですね。

 

「議事録」を書く

どんなに小さな会議でも文字として記録したものを「議事録」と言います。忘れずに記録しておくことで、「言った、言わない」ということを防ぎ、今後に役立てることが出来るのです。あなたも簡単な話し合いがあった際には「議事録」として書き留めておきませんか。
自分の発言の責任もしっかりと持てますし、相手の理不尽な言動もしっかりと残しておくことができます。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です