「岩清水」とは?意味と語源、英語表現・類義語【使い方の例文】

私は「岩清水」と聞くと、名前の「岩清水さん」を思い浮かべました。でも「岩清水」という名前だけじゃなかったんですね。地名でも「岩清水」があるのです。そして、「お水」のことでもありました。ではどのような「お水」でしょうか?軟水?硬水?まさか海水ではないでしょうけど、「岩清水」を飲んでみたいです。どこに行けば飲めるのでしょうか。
この記事を書いたら「岩清水」を探しに行こうと思います。
この記事では「岩清水」の意味や語源、英語の表現や類義語、使い方の例文をご紹介します。

スポンサーリンク

「岩清水」の意味と語源

「岩清水」の意味

それでは「岩清水」の意味をご紹介します。
まずは読み方ですが「岩清水」は「いわしみず」と読みます。
「岩清水」とは「岩の間から出る湧き水」という意味です。
山の岩場などから染み出ているきれいな水のことも言いますし、池や湖などの岩場から出るきれいな水も「岩清水」です。

「岩清水」の語源

続いて「岩清水」の語源をご紹介します。

「岩清水」の「岩」とは地形を形作っている物質です。「岩清水」は岩と岩の間から出ている水です。雪や雨などが山で降り、何年もかかって岩から染み出てくるのです。
そして「清水」ですが、この「清水」という言葉自体が「岩から出た湧水」という意味です。その「清水」に「岩」をさらに付け加えています。「清水」は単なる水ではなく、「澄んだきれいな水」です。決して濁ったり、淀んだりしていません。中には神様の水といわれる「聖水」もあります。
「岩清水」は大きな川の源でもあります。ゆっくりと染み出たり、湧き出したりする水が大河となって海に流れ込むのです。
スポンサーリンク

「岩清水」の英語表現と類義語

「岩清水」の英語の表現

次に「岩清水」は英語でどのように表現されているのかご紹介します。

  • water trickling out of rocks(岩清水)

【例文】

  • This riverhead spring is water trickling from between the rocks(この川の源泉は岩清水だ)
  • Water trickling from between the rocks springs out thick and fast(岩清水がこんこんと湧き出ている)

「water trickling out of rocks」の「trickling」は「したたる」という意味です。「water」はもちろん「水」という意味、「out of rocks」は「岩のうち」ということです。「water trickling out of rocks」を直訳すると「岩の内から水がしたたる」ということです。
英語だとちょっと長い言い回しになりますし、「綺麗な水」という意味合いにはなりませんね。

「岩清水」の類義語

「岩清水」と似た意味や構成を持つ言葉をご紹介します。

  • 湧水(ゆうすい)

「湧水」は「地下水が自然と地上に湧き出た水」です。「勇泉」「泉」とも言われ、「岩清水」と同じで大きな川の源となっています。
「湧水」も岩の間から出ていれば「岩清水」と言われます。

 

「岩清水」の使い方

最後に「岩清水」の使い方を例文でご紹介します。

【例文】

  1. 「この岩清水が美味しい酒の元になっているんだよ」
  2. 「登山に行ったら岩清水が出ていたので、飲ませていただいた」
  3. 「岩清水は、何千年前の雪解け水かもしれないよ」
  4. 「この岩清水を飲んだら、なんだか若返った気がする」
  5. 「岩清水を汲みに、わざわざ登山をしに行くんだ」

「岩清水」はきれいなお水です。きれいなお水は何かパワーがありそうです。
「岩清水が(美味しい)」「岩清水を(飲む)」などと使われることが多いですね。

 

美味しい「岩清水」を探す

街の中にいては、おいしい「岩清水」はいただけません。
あなたもおいしい「岩清水」を探しに、山登りしてみてはいかがですか?山に登って苦しい思いをするからこそ、見つけた「岩清水」が格別に美味しく感じるというのもあるのかもしれませんが、美しい景色に囲まれ清らかな水を飲むのは心が洗われますよね。そして不思議なことに普通のお水以上にパワーが強くなるのです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です